刈谷でホームページ制作ならSEO対策導入のセントロード

ホームページ制作なら「セントロード」へ
3C分析の活用について再認識してみるblog04

コーポレートサイトとは?を考える

3C分析の活用について再認識してみる

戦略フレームワークとして使いやすいので、ウェブマーケティングでよく使用されている3C分析の活用について再認識してみました。思いもしないところからヒントが浮かぶかもです。

目次

1.顧客分析(Customer)

2.競合分析(Competitor)

3.自社分析(Corporation)

1.顧客分析(Customer)

顧客分析(Customer)

顧客とはクライアントがターゲットにしているユーザについての分析をします。ユーザがどんな状況、感情でクライアントのサービスや商品を探しているのか?を見つける事が需要になります。ユーザーの心に刺さる広告や内容は何か?インタビュー、アンケートでユーザー心理を深く知るという方法もあります。そういった方法がなかなか物理的に難しい場合は、ユーザーから寄せられた質問や実際にあったお問い合わせ内容などからユーザーが気になっている情報、商品、サービスを購入するにあたり心配している内容などをキャッチし、分かりやすく説明することで安心して利用してもらえます。

2.競合分析(Competitor)

競合となる他社の選定はクライアントからヒアリングして傾向を把握します。検索エンジンで上位に表示されているページやリスティング広告を出しているサイトを対象とすると分かりやすいです。競合といっても直接関わるサイトや関節的に関わるサイトがあります。ウェブ解析では直接競合になるサイトをターゲットにするとよいです。顧客分析の重要は顧客の目線で行うということです。

3.自社分析(Corporation)

自社分析(Corporation)

顧客分析、競合分析をふまえて自社分析すると自社の「強み」「独自性」などみえてきます。なかなか見つからない場合はアンケートやインタビュー、実際にサービスを受けた方や販売した際のクライアントの反応などでヒントをもらえる場合もあると思います。思わぬところから閃く、気づくこともしばしばです。どんな些細な情報もキャッチする考えることが必要だと思います。

お問い合わせ

お見積り・ご依頼・お問い合わせは、
お気軽にご連絡下さい。

電話でのお問い合わせはこちら

0566-28-6628

営業時間 9:00~18:00(土日祝休)

メールフォームからのお問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら